小説家になろう 勝手にランキング

小説家になろう の 非公式 ランキングです
2021/3/24 以前にランキングタグを設置いただいた方のタグの登録しなおしのお願い 登録用簡易マニュアル

純文学ランキング 1~50位

12345...200

1位 『妖精騎士の物語 』 少女は世界を変える

ペルスネージュ
文学
純文学
 子爵の娘に生まれた『彼女』は、裕福な下位貴族か商人の家に嫁いで姉を支えることが求められていた。  そんな中、家の書庫で調べ物をしていた彼女は不思議な短剣を手にする。短剣は古の魔術師の魂の依代であり、対価を支払えば魔術を教えてくれるという。彼女は美しい黒髪を対価に魔術を習い、両親姉に知られることなく薬師ではなく錬金術師となるのであった。 ――― 彼女は世界を変えたいと願っていた ―――  これは、『彼女』の始まりの物語――― >>続きをよむ
IN:37PT
OUT:55PT

2位 然るのち彼は彼女にキスをした

alisa
文学
純文学
その日、彼は生まれた。その日、彼は言葉を発した。その日、彼は彼女にキスをした。 この作品は カクヨム にも掲載されています。
IN:2PT
OUT:34PT

3位 蛇は眠る

alisa
文学
純文学
京都市上京区に住んでいた孤独な女性・ミヨシ夫人と賢い蛇のケンゾウ。楽しく、穏やかに、幸せに、暮らしていた彼らの最後の数日をここに綴る。 この作品は カクヨム アルファポリス にも掲載されています。
IN:1PT
OUT:20PT

4位 ゴー・ザ・ライト・ステア

alisa
文学
純文学
 この旅はどこから始まっただろうか。果てしなく長い道を歩いてきた気がする。当初は当てもない旅だったが、京都市に一歩足を踏み入れた瞬間から目的地は自ずと明確になっていた。旅人はひどく疲れていた。しかし、その歩みは旅が始まった時よりも遙かに力強いものになっていた。吉田神社、熊野神社、平安神宮、禅林寺。彼は名だたる名所には目もくれず、行脚僧のようにただひたすら歩き続けていた。
IN:1PT
OUT:16PT

5位 侯爵家の令嬢姉妹に愛されたウォード子爵の実像【2人の夫人の肖像画】

越智屋ノマ
恋愛
純文学
王太子に断罪された侯爵令嬢エリシアと、彼女を妻にしたエドワード・ウォード子爵。深く愛し合い、想い合うのに触れ合えない……ふたりを隔てる真実とは? やがて愛しあう主人公とウォード子爵、彼らにつながるすべての人々が、幸せになるまでの物語。 * 本作は『愛しているのに重ならない夫婦の理由~断罪された侯爵令嬢と、彼女を救った子爵の話~』をもとに第2話以降を書き下ろした連載版です。(全5話) * 登場人物の死亡表現を伴いますので、苦手な方はご注>>続きをよむ
IN:1PT
OUT:12PT

6位 令和コロナ騒動実録

澤村桐蜂
文学
純文学
 新型コロナウイルスが世界を覆い尽くしても、死なない限りは生きて行く。そんな状況下における見聞や雑感を書き連ねる所存。
IN:0PT
OUT:119PT

7位 超!短編小説集——1分間のショートショート——

やまのねこ
文学
純文学
1話を読むのに短ければ10秒、長くても3分くらいの超短編小説集です。 各話の長さは、字数を書いていますので、参考にしてください( ´ ▽ ` ) 内容はコメディから感動モノまで、いろいろあります。 タイトルの横に【笑い】とか【感動】とか書いていますので、それも参考にしてください( ´ ▽ ` ) シリーズものもありますが(子供シリーズと、Show Must Go Onシリーズ) 基本的に各話につながりはありません。 気になったタイ>>続きをよむ
IN:0PT
OUT:112PT

8位 KI・ME・RA

勇野章
文学
純文学
人間は緩やかに衰退していき人間は滅ぶ運命だった。 政府はそれを危惧し人間と動物の『キメラ』を作り人間の元に出された。 人間は『キメラ』を嫌い『キメラ』は忌むべき者だと言われ続けていた。 『キメラ』は『人間』はどのように生きどのように死んでいくのだろうか
IN:0PT
OUT:108PT

9位 親説得のパラドックス

相浦アキラ
文学
純文学
 妻の綾香との初夜で初の子作りセックスをしようとした俺の元に、未来から俺の娘(?)がやって来る。 「お母さんと、生セックスしないでください!」  そう訴えて来る娘(?)に、俺は戸惑いを隠せない。
IN:0PT
OUT:108PT

10位 妻に媚薬を盛ってみた

鈴本耕太郎
文学
純文学
曰く、不感症だったのが嘘のように、乱れ狂っていた。 ネットで買った媚薬を妻に使用する話。
IN:0PT
OUT:108PT

11位 接木

檀富良
文学
純文学
これは誰かの心情の出力。 小説になりたいと願うも、虚しく流れ出した言葉の羅列。 無意味無価値の極致から……、 光明の幻覚を求めて。 罵られても、 誰かを不幸にしても、 死を願われても、 生きてゆく。 これは誰かの心情の出力。
IN:0PT
OUT:107PT

12位 神風と紙飛行機

Q輔
文学
純文学
今日も、三途の川の渡し守エフのもとに、生者とも死者ともつかぬ悲しきワンダラーがやって来た。上司に過去への出張を命じられたエフ。出張先は昭和初期、第二次世界大戦中の三途の川の河原。エフはそこで一人の神風特攻隊員と出逢う。山田貫一(やまだかんいち)、彼は爆弾を抱かせたゼロ戦に乗り、敵の軍艦に体当たりをする寸前に、何故かあの世とこの世の境目に迷い込む。三秒後の世界について熱く語り合うなかで、徐々に心を通わせていくエフと山田。神風特攻隊は洗脳さ>>続きをよむ
IN:0PT
OUT:107PT

13位 続・人と話せるキツネに叱られた。

虹色冒険書
文学
純文学
最強の毒キノコについてのお話。 あのおキツネ様と『俺』が再登場します。 『ムダにはならない。』シリーズ第五弾。
IN:0PT
OUT:107PT

14位 薫る風の声に

舞山礼実
文学
純文学
吹奏楽部でクラリネットの演奏に熱中する高校二年生の響子、彼女の吹奏楽部はコンクールで毎年全国大会にも出場する強豪校で、部活に明け暮れる毎日だった。それが、ある日、唐突に終わりを告げる。父親が、響子の伺い知らぬ事情で、母親の元にはもう帰って来なかったからだ。 二学期の終わりの冬、母娘だけの生活となった響子は、頑張っていた部活を諦め、遣り切れない思いのまま、かつて母親が暮らした信州宮山に移り住むことになった。 転入した宮山北高校で、彼女の様>>続きをよむ
IN:0PT
OUT:106PT

15位 [短編]先輩の腕時計

くまぽ
文学
純文学
チッチッチッ… 時計の音に耳を澄ませる。 離れたところにいるあなたを思う。 その感触を。音を。 僕の好きな人。
IN:0PT
OUT:106PT

16位 珈琲と鉱物

毛野智人
文学
純文学
雨宿りのために駆け込んだ喫茶店は、レトロを絵に描いたような独特な雰囲気の空間だった。珈琲に付いてきた琥珀糖を齧る私の耳がとらえた不可思議な音。咀嚼音らしきその音を立てていたのは、男らしくも女らしくもない人物だった。彼が食べているのは、どうやら私の食べている琥珀糖とは違うものらしい。彼の姿に魅せられて、拘りのない私の価値観は脆く崩れた。
IN:0PT
OUT:106PT

17位 真白の世界に落ちる錆

三千
文学
純文学
なぜ、親というものは、こうも子供の気持ちを察することができないのだろうか。 なぜ、大人というものは大人になってしまうと、子供だった頃の気持ちを軽々しく忘れてしまうのか。 ✳︎✳︎✳︎ 父と母がくれた自転車は、錆ついた中古品だった。 貧乏をこれほど憎んだことはない。 ✳︎✳︎✳︎ この作品は、家紋 武範さま主催の「夢幻企画」参加作品です。お読みいただければ、幸いです。
IN:0PT
OUT:106PT

18位 不死鳥は歪んだ世界を救わない

七海 糸
ファンタジー
純文学
ある日、小学六年生の未玖(みく)は下校途中に黒い紙袋に入った不思議な卵を見つける。 好奇心から持ち帰り、抱きしめているとそのまま眠ってしまった。 目覚めるとピアノ教室の日である事を思い出し、卵をベッドに入れて部屋をあとにするがーー 現代を舞台にしたダークファンタジーです。
IN:0PT
OUT:104PT

19位 表と裏騒動記

美祢林太郎
文学
純文学
 白鳥翔太は小峰中学校3年3組の担任である。教員になって3年目、31歳。前職は超一流商社。生徒から慕われ、充実した教員生活を送っていた。だが、彼には教員という表の顔の他に、ネットモンスターという裏の顔があった。匿名で不特定多数の者に誹謗中傷を繰り返し、その筋からは「炎上キング」と異名を取る有名な存在だった。彼の犠牲になって心身に不調をきたした人間は数知れないといわれているが、実際のところはわからない。ある日、彼のスレッドに「おまえの正体>>続きをよむ
IN:0PT
OUT:104PT

20位 世界をのぞいて、私は行く

まきなる
文学
純文学
ちょっぴり前向き、ちょっぴり卑屈、ちょっぴりパチンコ好きの写真家、茅原佳那(かやはら かな)の一週間。そんな彼女の少し変わった、ありきたりで不思議な生活を切り取ったエッセイ風SS小説です。
IN:0PT
OUT:104PT

21位 梅雨

荒地野菊
文学
純文学
雨で憂鬱な縁側での一時
IN:0PT
OUT:104PT

22位 思い出の町

マサ
文学
純文学
 福岡県の山間にある田舎へ幼少期の自分を振り返るべく旅した大学院生の夏休みに実際に行った時のことを回想した小説です。これを書いたのは大学院生のときに学内のコンテストに出した時ですが、自己満の塊ゆえに大した結果にはなりませんでした。  父と作品の供養もかねてここに掲載させていただきます。
IN:0PT
OUT:104PT

23位 靴を買った。春だと思った。

nukosan
文学
純文学
靴の亡霊。 声劇Live配信サービス『ボイコネ』にて、朗読台本としても投稿しています。(https://ul.boikone.jp/webview/shareLink?screenType=scenario&contentType=12&contentId=15613)
IN:0PT
OUT:104PT

24位 春に想いて、夏に駆る 

サドル
文学
純文学
「私の父は、私が生まれた事を知っていたのでしょうか?」 博麗神社に、一人の村娘が訪ねて来た。 手がかりは、たった一つのボロボロの手紙。 相談に乗ってあげたい博麗の巫女だが、時を同じくして、異変が起きていた。 追慕と愛慕が重なる、あるお盆の物語。
IN:0PT
OUT:104PT

25位 さよならセーラー服

星宮尊
文学
純文学
先輩、喫煙者。後輩、嫌煙者。
IN:0PT
OUT:104PT

26位 海と牧童

海神
文学
純文学
この作品は「http://poem3011.jp/kaijin/」にも掲載しています。 「海」にあこがれながら自分のあこがれを満たす海にたどり着けない少年。 彼は牧場で牧童として子羊たちを仲間に新しい生活を始めることになった。 夜になると少年はその日の羊たちのことを思い出し、言葉に出して語りかけながら眠りに入る。
IN:0PT
OUT:104PT

27位 篝人(かがりびと)

mei.(神楽鳴)
文学
純文学
座敷童の少女と化け狐の青年が織りなす、四季折りの物語。 人によって奪われた居場所を求めて、二人は共に暮らし始める。 唯一、誰にも認知されなくなったアヤカシを見ることができる住職さんとともに、 平和な生活を送る二人だったが…。 更新頻度は、一週間に二回。月曜日と金曜日の投稿となります。
IN:0PT
OUT:103PT

28位 ハイライト・ドロップス

日向 葵
文学
純文学
ロフトで販売している「黄本 散文」に書いたものを短編集としてアップしています。 小説、詩、エッセイと長さもジャンルもバラバラな散文を順次更新。季節の闇鍋目指します。各話独立しているのでどれからでもつまんでください。 ※「黄本 散文」とは 各ページに季節を感じさせる書き出しのようなタイトルのような一言が366日分添えられたノート。 サブタイトルがノートに記載された一文です。
IN:0PT
OUT:103PT

29位 雪の霧積

坂井瑞穂
文学
純文学
滋賀県甲賀出身の小田和明は上州商科大学入学を機に高崎市郊外在住の伯母、小井土妙子と同居している。伯母の影響で山登りやハイキングに興味を持ち、ほうぼうの山や村を訪れているが、昨年の秋ころから訪れた村で不思議なできごとを眼にするようになってきている。いったいそれらの現象はなんなのか、和明は臆することなく進んでいく。だがしかし有史来上州各地には怪現象が無数に記録されており、群馬県が日本の異界との異名を持つ所以ともなっているのである。 はたして>>続きをよむ
IN:0PT
OUT:103PT

30位 吾輩は、トカトントン

みつお真
文学
純文学
吾輩は猫ではあるが、どうにも可笑しな病を患っている。 工事現場から聞こえる、トカトントンという音が、吾輩を意識を混濁させるのだ。 終いにはどうでも良くなって、生き様さえも興味がなくなる。 この病はなんだ?
IN:0PT
OUT:103PT

31位 我輩の名はどら猫、名前はまだ無いが百万回は生きた

ネコという集合的無意識
文学
純文学
クロックスを履いたネコの独白
IN:0PT
OUT:103PT

32位 ひきさんの会

ひきさん
文学
純文学
「終末が来ます」  夕暮れに近づき、空は青と橙がまじりあった幻想的な模様を描いている。  街はずれの公園のベンチで読書をしていた僕が、そろそろ暗くなりそうだしキリの良い所になったら帰るかなと思っていた頃、見知らぬ少女が話しかけてきた。  視線をゆっくりと送る。  黒髪を犬の垂れ耳のように左右に跳ねさせたボブカットに、どこかぼんやりした印象の、それでいて強い光を宿した、大きな瞳。その手には、一冊の本が握られていた。  それはこの町でも>>続きをよむ
IN:0PT
OUT:103PT

33位 幻影の塔

wkumo(湖無カー)
文学
純文学
──■は本当に忘れたのだろうか。 終わった世界で誰かをふわっと憎みながら幻の塔を積む話。「認識とは考えれば考えるほどわからなくなるものである」。 概念系終末低温純文。 この作品は自サイト・ノベプラにも掲載しています。
IN:0PT
OUT:103PT

34位 雪影に見たひと

宵宮ひかる
文学
純文学
雪国に暮らす働き者の老女のお紺には、人に言えずにいることがある。吹雪の日にのみ、店の摺り硝子に人影が見えるのだ。心当たりはあるけれど、夢か、幻か。その意図は分からずに吹雪の大晦日を迎える。
IN:0PT
OUT:103PT

35位 『NIRVANA、雑考』続編

かいわれのせか
文学
純文学
『NIRVANA、雑考』続編 カートコバーンの死後、発表された作品群からも、様々に音楽は叫んでいる、デイヴグロールは、Foo Fightersを結成して音楽を出したが、今も自分には、カートコバーンの叫びのほうが、重要であり、NIRVANAは歴史に大きく刻まれているとする、評論的文章。
IN:0PT
OUT:103PT

36位 ゼロワンゲーム140

萩尾滋
その他
純文学
Twitter小説    テーマも、分野も、割りとぐちゃぐちゃ。残文字数を減らしていくゼロワンゲーム。 速さ重視で、余り考えていないので、気に入ったのから残念なのまで玉石混合。 お気に入りの一篇が見つかったら、是非教えて下さい。
IN:0PT
OUT:103PT

37位 毒なのか薬なのか、どちらが幸せなのかを問う

三千
文学
純文学
口から放たれたその言葉は、まるで点滴のように、体内へと堕ちていく。 ぽとん ぽとん 長い年月をかけ、身体の隅々へと染み渡っていき、その細胞らの、ひとつたりとも残さずに。 ✳︎✳︎✳︎ 双子で生まれた姉サヤと私ミヤ。無意識に放たれる母の言葉は、私たち姉妹の中へじわりじわりと浸透していく。 ✳︎✳︎✳︎ お読みいただければ、幸いです。
IN:0PT
OUT:103PT

38位 チューニングライフ

肥溜落太郎
文学
純文学
主人公は記憶を無くし白いタイルで四方が埋められた部屋で目覚めた。ルノワールの肖像のような少女や人の言葉を喋る鳥、灯台の鐘が鳴る時間だけ海から現れる龍などと出会いながら少しずつ「自分」を取り戻していく。まるで白昼夢のような世界で彼が起きたことには果たしてどんな意味があったのだろうか。
IN:0PT
OUT:103PT

39位 海亀の涙

石田 幸
文学
純文学
涙を流して産卵する海亀から想起される思いを綴った親心のお話。
IN:0PT
OUT:103PT

40位 反チョコレートミントアイスクリーム宣言

自由帳
文学
純文学
この作品は十市さんの『反チョコレートミントアイスクリーム宣言』を企画でカバーさせて頂いたものです。本人からの許諾は得ております。 詳しい事はTwitterのハッシュタグ『#NC実験室』へどうぞ。
IN:0PT
OUT:103PT

41位 白い壁

フジ・イーリアス
文学
純文学
 中之島公会堂と川を挟んだ向かいの場所画廊を構える鴨井陸は自分の画廊主催の公募展に寄せられた一枚の絵に思わずうなる。それはフランスで活躍した画家ユトリロの風景画「白の時代」ととても似ていたからだ。そして冷たい風が画廊に吹いてそちらを振り向くと女性が立っていた。それは隣のカフェの女主人だった。思わぬ人の訪問に鴨井は少し驚きながらも、彼女と話をしてゆくうちに過去に生きた二人の男女の青春に触れる。今ではもう別々の人生になってしまった若い二人の>>続きをよむ
IN:0PT
OUT:103PT

42位 八百万が祭る 準備不足は否めない

東東
文学
純文学
『八百万が祭る お堂の中はお宝満載』の続編になります。 善良な小心者であるが故の、善意と多少の保身によって、小さな黒蛇の神様(現在お子様姿)のみーさんの世話をし続ける羽目になった芦・井雲・宇江樹の人間三人だったが、ある日、宇江樹が重い口を開いたことがきっかけとなり、再びみーさんの仲間探しに奔走し始めることになる。 しかし奔走とは言いがたい、いつも通りの迷走状態であった為、なかなか成果は出なかったのだが・・・、それでも多少の保身が三人の>>続きをよむ
IN:0PT
OUT:103PT

43位 寝物語:鶯張りの廊下

文崎 美生
文学
純文学
眠れない双子の妹に対して行われる寝物語についてのお話 若干のホラー要素を含みます
IN:0PT
OUT:103PT

44位 芥川

安岡 憙弘
ファンタジー
純文学
芥川をパロディ化したらこのようになるかも。
IN:0PT
OUT:103PT

45位 六月のスノードーム

山石尾花
文学
純文学
常盤色の木漏れ陽が私たちを包みこんでいた。 あの時、あなたは確かに、私の小さな恋人だった。 ©️山石尾花2015. ※作品の無断転載を禁じます。 ※禁止未经许可的转载、重新发行。 ※Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
IN:0PT
OUT:103PT

46位 優しい殺し屋の不貞な事情

桜雫あもる
文学
純文学
 自己紹介から始まる独白文書。  それを認(したた)める男の職業は、殺し屋だった。  自分がどんな風に殺し屋という職業、そして命と関わってきたかを、男は夜半の白いリビングで書き連ねる。  それは、決して読まれてはいけない少女に宛てた遺書でもあった。
IN:0PT
OUT:103PT

47位 天鵝の裳(ころも)

吾妻栄子
文学
純文学
山で独り暮らす若者日生(にっせい)は、ある日、虹色に輝く衣を偶然見つけ……。 「羽衣天女」伝説の翻案です。 *劇中の歌詞は全て中国歌謡「在那遥遠的地方」の意訳です。 *花ゆきさんとナツさん主催の「童話パロ企画」の参加作品です。 *他サイトとの重複投稿です。
IN:0PT
OUT:103PT

48位 天宮自叙伝

夕暮れ時雨
文学
純文学
あらすじ: 人類が生誕してまだ間もない頃の話。欲望・憎悪・殺人・破壊・略奪・高慢・冒涜。知能を持った人類は傍若無人の限りを尽くしていた。それを神が見過ごすわけもない。神は人類に寿命を与え、男に労働の苦しさを女に子を産む苦しさを課せた。それでもなお、人類は我が身勝手に振る舞う。挙げ句の果てには神を軽視し、その驕りから神を排除した人類だけの世界を作り上げようとする始末。神は激怒し、人類を滅ぼすべく複数の天使を下界へと遣わした。天使たちは神>>続きをよむ
IN:0PT
OUT:102PT

49位 薫る風の声にⅡ

舞山礼実
文学
純文学
高一の優亜は、人の顔が憶えられないという少し変わった体質の持ち主。時々突飛な事をする変わった女子校生と思われているぐらいで、一応合唱部にいて、一応前田先輩という彼氏もいる。優亜は入学してすぐ弓道部に入部したが、訳あって部員が八人しか居ない合唱部に転部してきた。人との関わり合いを薄めて、可もなく不可もない学園生活を望む優亜にとっては好都合。にもかかわらず、幼馴染で優亜の数少ない理解者であるはずの浩介は何時も本音を見透かしたような事を言って>>続きをよむ
IN:0PT
OUT:102PT

50位 雲下星団

鯰屋シウ
文学
純文学
 群れからはぐれた渡鳥が一羽、風にも抗えず飛んでいた。自分の後に続いて飛ぶ者は誰もいなかった。  羽根は汚れ、北極星は曇天に隠されて、もはや失うものも飛ぶ理由など無いはずだった。
IN:0PT
OUT:102PT

12345...200